読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Narcist's way

Like design, programming. Love @denari01 .

準高専生、whywaitaとの出合い

f:id:denari01:20161203223000p:plain

この記事は whywaita Advent Calenar、あらため masawada 被害者の会 Advent Calendar の3日目の記事です。そう、masawadaさんは僕とwhywaitaくんの一つ上の年の電通大卒、今をときめくはてなのエンジニアなのですが…彼もまた、masawada Advent Calendarを毎年作っているのです。

それだけでなく彼は…

f:id:denari01:20161202162910p:plain

一人で全完する予定で居るようです

がんばれwhywaita!masawada先輩をみならって全完していこうな!!


昨日の記事をまねたクソジョークはさておき、今日はwhywaita所感を述べましょう。初めてwhywaitaに会ったのは2015/12/18の金曜日。電気通信大学構内で会いました。その日は高専カンファレンス1日前。そんなときに意気揚々とこちらに近づいてくる奴、一見して感じました。

f:id:denari01:20161203223002p:plain

聞いてみれば在学生とのことでした、それにしては id:marin72_com と仲がよく、あと何故か凄い親近感を得ました。

その日はなんか、適当に挨拶して、あと初対面なのに雑用を押し付けた事を覚えています。あの時の僕は冴えてた。笑 (ほんとうにあのときありがとう)

翌日、高専カンファレンスが開催されました。僕は運営でバタバタしていましたが、彼も企画に参加してくれてたのかな??

バタバタが一通り終わったのは懇親会でした。最初に声を欠けてくれたのは全然whywaitaというわけではなく、hogasくん( id:hogashi )という、whywaitaの後輩がやってきてくれました。

彼はなんだか僕のことをちょっと目をつけてくれてたらしく、割とすぐに話しかけてくれました。hogasくんに声をかけられたのは人生でも指折りでの嬉しさがありましたね。hogasくんもうすぐで20じゃね?飲みに行かねえと。

そうこうしてなんとなくhogasくんと話をし、また別の人と話をすると、今度はいつのまにやら電通大オタク集団に単騎乗り込みしてました。その集団はめっちゃオタクしていました。さっきまでめっちゃいい子に見えたhogasくんもこころなしかオタクに見えます。sukukyonはオタクでしかない。

そこに追々来たのがwhywaita。その時思いました。

f:id:denari01:20161203223005p:plain

聞いてみれば在学生とのことでした、たしかにsukukyonくんhogasくんなどの在学生とも仲よさげに話しています。

翌日、僕は朝からプレゼンで登壇していました。彼は僕と同じ時間帯で別の部屋にて登壇していたみたいです。彼はプレゼン中で僕の発表を紹介してくれてたみたいでした。それを知ったのは数ヶ月もあとの話でしたが、1年経ってしまうまえにこの場をかりてお礼します。本当にありがとう。


イベントはつつがなく終了しました。あの時会ったオタクたちとはまあSNSでたま〜に話す感じでした。whywaitaはオタクなのにアイコンがいいカンジで今でも時々びっくりします。

ある日、彼が主催するイベントである dentoo.lt (電通大関係者がLTをするLT会)があって、興味があってお邪魔させてもらいました。開会前、会場ではAdvent Calendar通り魔のmasawadaさんがDJっぽいことを軽くしていました。そして開会すると司会っぽい人が登壇します。その時僕は思いました。

f:id:denari01:20161203223028p:plain

聞いてみれば在学生とのことでした、でもdentoo.ltの主催が高専生なわけないじゃんね。

そして彼は登壇します。インフラやネットワーク周りの話をしている彼を見て僕はこれを思いました。

f:id:denari01:20161203223029p:plain

そして僕は彼のことを今でも「準高専生」と形容しています。いや、だって高専生じゃんこんなもん。高専以外にこんな生き物居ねえ。

つい先日、敬意を表して僕が主催のkosen10s LT#5 に参加をしてもらいました。何よりも彼が興味を持ってくれていたためです。

参加者と楽しそうに話をし、また登壇時も楽しそうにしてくれていて、呼んでよかったと思いました。周囲の反応もみんな仲良くしており、 kosen10sというコミュニティが、限定的なコミュニティであることの大きなデメリットを確認するまでに至りました。

彼は高専生ではないのだけれど、優秀で気さくで、あととてもいい人です。何故か常に笑顔だしね。そんな彼とは、今後もぜひ仲良くさせてもらいたいなあって、おもいました。

(今日の記事エモいね。笑)

最後に、kosen10s LT#5 に来てくれたときに彼に抱いた一番大きな感想を書くことで締めます。

f:id:denari01:20161203223030p:plain