Narcist's way

Like design, programming. Love @denari01 .

#kosenconf lolとも言えるし、thxという感じ

kosenconf-101lol スタッフやってきました。

普段はイベント中、「俺って仕事がんばってんなあ!!鏡に写る自分出来る男!!!!」としか思わないタイプですが、今回に関しては「ありがたいなあ」という気持ちになったので、今回の記事はそこをキッチリまとめます。

当然感謝すべき相手

  • スポンサーの皆様ありがとうございました!!
    • おかげさまで遠方の高専の学生も参加して頂けました。「交通費補助のおかげで高専カンファに参加できた」との声も上がっており、支援対象の学生さんも感謝していました。ほんとうにありがとうございました。
  • スタッフのみんな、ありがとう
    • 反省すべき点も幾つかありましたが、ゴリッゴリに働いてくれました。彼らなくしてこんな素晴らしい会は実現できたかったでしょう。
      • 特に数人やばかった。「ん??この子たち進捗産みすぎかな??」みたいな。
  • 参加者の皆様、ありがとうございました。
    • 以前からの知り合いも、初めての人も、 実は前々からTwitterでファンだった人 もいました。嬉しいですね〜、知り合いが増えるというのは。
  • 発表者の皆様、最高でした!!
    • 明石高専勢は普段からよく知っていましたが、今回のカンファレンスでの発表は、各位がそれぞれやっぱり成長してて、僕も先輩・同期・後輩に負けないで頑張ろうと励みになりました。
    • 他所からの発表者の方は本当、ただただ面白くてびっくりしました。やっぱ明石もまだまだ「井の中の蛙」の井だと思うので、 井戸の中に海水を打ち込まれた明石高専生(蛙)たちはさぞビビっていることでしょう。
  • 新井先生、ありがとうございました。
    • 僕が学生時代にずっとお世話になっていた新井先生、先生の支えなくして本会の開催は叶わなかったかと思います。非常に助かりました。

関わってくださった皆様に、運営スタッフとして、1参加者として、1個人として、厚く御礼申し上げます。

取り立てて感謝をブログにしたい人

感謝に優劣をつけるわけではございませんので予めご了承ください。

本記事はあくまで、「あ、そういえばこんな珍しい事もあったよ、ありがたいよね〜」という記事で、どちらかと言えば「ありがたい」よりも「おもろい(lol)」を中心に取り扱います。本記事に登場しない方々の中にも心からのお礼をしたいお相手はたくさんいらっしゃいます。大変恐縮ながら本記事では詳細を割愛させていただきます。

カレーメシ先輩さん、ありがとうございました

id:nwpct1 さんが高専カンファレンスlolにて、自身の実装するWeb application framework、 kobin に関する発表を行ってくれました。めっちゃためになる〜

speakerdeck.com

いや、もう、表紙を見て絶句しました、 絶句。

github.com

上記のgithubのissueの通り、実はkobinのロゴは僕が提案していたりしています。 いや、うん、本当はコレ言っていいのかグレーなんだけどね、僕が提案した事実はあるとはいえ、一応issueの中にある通り、僕はこのロゴをgiftとして、完全に譲渡したつもりなので。でも自慢だけはちゃっかりさせてもらいたいwww

そんなロゴ製作者がスライドの表紙を見る。

f:id:denari01:20160507170345p:plain

かっこ良すぎかよ!!!!

ここまで僕のロゴのポテンシャルを引き出してくれるとは…もうこのロゴの扱いに関してはカレーメシ先輩のほうが上手(うわて)な気がしてきます。すげーよまじありがてえ…

神戸新聞社様 ありがとうございました

取材受けました。

個人としてでなくて、運営としての回答を心がけました。

神戸新聞に明石高専開催「高専カンファレンス」の記事が掲載されました — 明石高専:National Institute of Technology, Akashi College

多くは語りませんが、高専カンファレンスという取り組みが地元の皆様の目に入るのかもしれないと思うと、とても光栄ですし、そのための取材を私が答えたのも、差し出がましいようですが、とても光栄でした。

イベント会場の各種片付けをお手伝いいただきました皆様、ありがとうございました

多分、高専カンファレンスlol 公式サイトを見ても、「イベント会場片付け時間」なんていう時間は計上されておらず…

我々の不手際を晒すようで大変お恥ずかしいのですが、片付けに関しては本来翌日にのんびりやればいい認識でした。しかし、翌日は該当する教室を取っていない(厳密には「取れていない」)状態であると直前になってわかり、 @raryosu くんと前日に急遽MTGを行い、どうやって片付けるかを議論し、「もうコレは僕らの筋肉じゃ足りないよ」という結論に達しました。

そこで、本来のタイムテーブルを無視する形で前日夕方・当日朝に全体MTGを設けてキッチリ手順を共有し、その手順にしたがって皆様にお手伝いいただくことに。

本来であればお手を煩わせる事もなかったのですが、ご迷惑をおかけいたしました。

しかし、参加者の方も皆様積極的にお手伝い頂け、なかには「え、いや、これこうしたほうが良くない??」みたいな意見をくれた人もいましたね。我々の不手際だったのに、みなさまのlolなご対応に助けられました。心より御礼申し上げます。

懇親会で話しかけてくれたひと、あざーす

ついに、 @howaito_ruka さんとお会いしました。白かった白かった。 ほぼ豆腐みたいだったけど、まぶたの上に緑色が入っていました。僕の目の錯覚?? え!?みなさん、彼女と話してないんですか??もったいないですね〜〜、大体こんな感じでしたよ〜↓

f:id:denari01:20160507230638p:plain

やべえぶん殴られそう。

そう、あと、ついに「モテました」。ちょうど @howaito_ruka ちゃんとはなししてる時に、みんなワラワラ〜って僕のところに寄ってきてくれて、本当ありがたかったです。「カレー」「メガネ」「土木」…めっちゃいつものメンツだし、 全員男 だったので、「まあこういうところに徳が出るよなあ。」って感じでした。

学校の後輩君 (cookくん) も僕に話しかけてくれました。

Pythonやりたいんですけど、どうやって始めました?? と聞かれ、「Djangoです」とは(Web系の前提知識がある程度必要だし、参考にならないと考えると)答えづらく、とりあえずカレーメシ先輩とつなげました。カレーメシ先輩は結構優しいので 聞いたらある程度教えてくれる でしょう。

あ、あと僕がファンをやってるじゅりあんさんにアツく #meganehack を紹介しました。 メガネハッカソンはいいぞ

codeforfukui.github.io

テーマに似つかわしく、たくさんの人の笑顔に支えられた素晴らしい高専カンファレンスになりましたし、皆さんの笑顔をみて僕自身も笑顔になれました。

皆様ほんとうにありがとうございました。これからも lots of laugh! で行きましょー!!